住宅のリフォーム

リフォームの費用傾向

住宅において雨風に直接さらされる外壁は、厳しい環境にさらされることを前提として作られているため、他の場所に用いられる材料よりも雨風に耐えうる耐久性を持った素材が選ばれています。しかしそうした外壁であっても、当然経年による劣化が生じます。そうした劣化を放っておくと、住宅の構造まで傷んでしまいます。 そうした状況を改善するためには、定期的にリフォーム工事を行うことが必要です。 リフォーム工事を行う目安としては壁材によって異なりますが、一般的に10〜20年くらいの頻度でリフォームすることが勧められています。 リフォーム工事といっても壁材を張り替える様な大規模な工事だけでなく、塗装の塗り替えというような比較的軽い工事もあります。 基本的にこうした工事にかかる費用の傾向としては、使われる材料に大きく左右されます。塗装であれ壁材であれ、耐久年数の高い大量を用いた場合は価格も高くなる傾向にあります。

外壁材の歴史について

外壁は建築物やその内部に暮らす人を、雨風から守る大切な役割を持っています。そうした外壁に用いられる材料は時代と共に変化し、そうした中でリフォーム工事もまた状況が変わってきています。 かつての日本では外壁として一般的に用いられることが多かった材料には、土や板など素朴なものが用いられました。そうした外壁は素朴ではありますが、日本の気候には非常にあった理にかなった外壁材でした。しかし素朴であるがゆえに維持は難しく更にそうした壁を施工できる業者が少なく、施行する場合はむしろ割高になってしまう事が多いために現在はこうした壁は用いられることは少ないです。 近代以降は西洋式のモルタルやサイディングが壁材として用いられるようになりました。こうした壁材は定期的にリフォームすることで長持ちするため、維持が楽なため現在は一般的です。